JPCA Show2019(第49回国際電子回路産業展)

日時:2019年06月05日(水)~07日(金)

主催:一般社団法人 日本電子回路工業会
会場:東京ビッグサイト西館

KOMORIグループのPE・精密機器事業を担うセリアコーポレーションは、6月5日(水)~7日(金)までの3日間、東京ビッグサイト西館で開催された世界最大級の電子回路・実装総合専門技術展示会JPCA Show 2019(第49回国際電子回路産業展)に出展しました。この展示会は、あらゆる電子・情報通信・制御機器に使用される電子回路・実装技術や将来に渡り広く使用・普及されるラージエレクトロニクス(プリンテッドエレクトロニクス、ストレッチャブルエレクトロニクス等)の設計から製造、信頼性確保、流通に至る製品展示により技術情報の提供・提案をはかり、併せて電子回路業界及び関連業界全体の発展に寄与する事を目的としています。

主催者の公表では、508社が出展し、3日間の来場者数の合計は4万4110人でした。
SERIAのブースにも、国内はもとより海外からも700名を超える大勢の電子回路製造・開発・研究に関わる製品・技術などの関係者を始め、代理店や多くのお客様にお越し頂きました。
SERIAは、プリント基板等へのスクリーン印刷で数百台の納入実績を誇り、昨年11月にモデルチェンジした「SFA-610CT」と、研究開発用途やセラミック印刷等に実績がある「SSA-PC250E-IP」の2台を出品いたしました。これらは今後、更なる生産性向上に寄与する機械として期待されています。
また、3月に製版事業部へ設置した日本ではまだ数台の導入実績に限られるスクリーン製版用デジタルダイレクト製版装置で製版した刷版を展示しました。高い品質と画期的なフィルムレスで短納期対応が可能な製版工程が来場者の注目を集め、多くのお客様が熱心に質問をされていました。資材・製版コーナーでは、SERIAが取り扱う資材品目の多さや高度な製版手法にも驚かれている様子でした。

今後の展示会については、9月18日(水)~20日(金)までの3日間、ポートメッセ なごやで開催される第2回[名古屋]ネプコン ジャパン -エレクトロニクス開発・実装展-に出展を予定しています。SERIAとして初めて名古屋地区で出展する展示会です。ぜひご期待ください。

セリアコーポレーションはプリンテッドエレクトロニクス市場で実績のあるスクリーン印刷機メーカーであり、KOMORIと技術・販売チャネルを融合することで、トータルソリューションを提供する体制を整えています。セリアコーポレーションは、市場要求に応えるべく、更なるプリンテッドエレクトロニクスの発展のため、機器の開発と技術の向上を進めてまいります。